芝刈りに必要な農業機具【バリバリカーン】

役割を知って活用することで作業をスムーズに出来る

ピックアップ

状態によって高く売れる

農業をしている人の多くが農機具を使っています。農機具の中で不用なものがあるときには、買取店を使って処分することができます。状態によっては、高く売ることが可能になります。

農地が放置される

最近では、山村地域で、お年寄りだけになっているので、草刈りをすることが出来なくなています。そのため、農地が放置されていることもあります。そういった事は、近所の繋がりなどによって解消しています。

業者を賢く利用する

草刈りをしている業者があります。業者は、庭先などの草刈りを行ってくれるので、忙しい時にも便利なサービスになります。また、刈った草などを回収してくれる業者もあります。

芝刈りの注意

お住まいにお庭をお持ちの方、度々生えてくる草を自分で草刈りをするのはめんどくさくないですか?そんな方はコチラの業者に依頼しよう!

お庭の雑草でお困りならすぐにご連絡下さい。草刈の業者をお探しならこちらへ。日本全国に対応しております。

芝刈りを行う際の注意点

一般家庭で芝を栽培している人はとても多く、庭がある家庭の半数以上が芝生を栽培していると言われています。栽培している人は多い芝ですが、手入れを念入りにしている人は少ないのが現状です。芝を綺麗に育てるためには、こまめに芝を刈って根を這わせるためにエアレーションやサッチ取りを行う必要があります。しかし、芝を伸ばしっぱなしにしていると成長点がどんどん上へと伸びてくるため芝を刈った時に成長点まで刈ってしまい枯らしてしまうこともあります。芝刈りを行う場合は、成長点を刈らないように少しずつ刈るのがポイントです。長く伸ばし過ぎた場合は、成長期に少しずつ刈る長さを長くしていくことで深く刈りすぎるのを防ぎ、綺麗な芝が保てるようになります。

芝を刈る時に知っておくといい情報

芝は基本的に冬場は表面が枯れ、暖かくなってくると緑色の新芽が出始めます。冬の時期に枯れた葉っぱは新芽が出てくると落ちて根の間に堆積しサッチとなってしまいます。サッチは溜まると根の成長を止めてしまうこともあるのでできるだけ増やさないことが理想です。新芽が出てくる前の2月末頃に枯れた葉を一気に短く芝刈りすると新しく生えてくる新芽が活き活きと成長しやすくなります。また、芝刈りをした後にはサッチ分解を促す栄養剤などを散布することで、根の間に溜まって取れなくなっているサッチも分解してくれるのでおすすめです。 芝刈りの際には葉を刈るだけでなく、根切り(エアレーション)を行うことで成長を促すことができます。定期的に芝刈りとエアレーション、サッチ取りを行うことで青々として根の詰まった綺麗な芝生を保つことができます。

放っておくとどんどん伸びる芝生の手入れを行ないましょう。プロの業者に委託することで美しく仕上げてもらえますよ。

ページトップへ戻る
Copyright© 2015 芝刈りに必要な農業機具【バリバリカーン】 All Rights Reserved.