芝刈りに必要な農業機具【バリバリカーン】

役割を知って活用することで作業をスムーズに出来る

農地が放置される

山村地域の現状と代行業者

最近は山村地域の高齢化、過疎化が進み、耕作地、植林地が放棄されている場所が目立つようになってきた。若者は町へ流出し、お年寄りだけが山村地域に残り、死去または加齢により草刈りが出来なくなっている。このような場所は1地域だけでみても1軒、2軒ではなく、複数の家が空家となり、周辺の農地が放棄されていることも珍しくはない。 そのため、昔から近所通しのつながりが深く、お互いの助け合いが成り立っている地域であれば、複数の家で出資しあって草刈り代行を頼めば、連続した広い地域を一度に草刈りを行うことができるので、草刈りにかかる人員代、日数を削減することができる。シルバー人材センターでも草刈り代行業務は行っているので、場合によってはこちらのほうが安く利用できる。

草刈り代行の内容と費用の相場

草刈り代行の代金は場所の面積、草の背丈などにより料金が異なる。また、刈払機、芝刈り機、手作業、トラクターでの草刈、除草剤散布など草刈手法によっても料金は異なる。代行業者の相場では刈払機、芝刈り機、除草剤散布などの草刈りは概ね1坪当たり200円から作業ができる。また、トラクターでの草刈は1坪当たり100円程度ではあるが、基本的には農地の耕運作業であり、草丈が20cm未満でないとできないなどの条件設定もある。 草刈りは草を刈ったあとには大量の残骸が残されるため、自ら処分できない人はその処分料も含めて代行業者に頼む必要がある。処分代金の相場は軽トラック1台分で5000円、2トンのダンプカーでは1台分で10000円程度である。

Copyright© 2015 芝刈りに必要な農業機具【バリバリカーン】 All Rights Reserved.